キュラーズのサイズはロッカーから5畳まで衣類の大きさはコレが最適

キュラーズのトランンクルームのサイズは豊富な全17種類

キュラーズのトランクルームのサイズはロッカーサイズの大きさから、0.4畳・1.0畳・1.3畳・1.6畳・2畳・8畳などがあります。
その他にも細かくサイズがあり全部で17種類もあります。
収容する品物の大きさや量によってサイズを決めますがどの大きさが良いのか分からないと思います。
たとえばロッカータイプのBoxには、どのような品物を収容するのが最適なのかとか、衣類や布団を収納するのにはどのぐらいの大きさが必要なのかなど疑問や不安があると思います。
そこで今回はどのようなサイズが借りられるのか、また、どんな品物を保管するのにどのサイズが最適なのかをご紹介致します。

 

キュラーズのサイズはロッカーサイズから8畳まで全17種類

 

トランンクルームに何を保管する?衣類は4位

トランンクルームに何を保管しているのかって興味はありませんか。
参考にして自宅のスペースを広げたいと考えちゃいますよね。
ここだけの話しで、皆様にお教え致します(^^♪

 

実は、トランンクルームに収納している1位が家具なんです。
ご存知でしたか?
なかなか捨てれない、でも自宅のスペースを大きく占有してしまうのが家具なんです。
子供が育って家を出て行ってしまうと家具が余って邪魔になったりするんですよね(^^;
続いて2位が書籍や雑誌、3位がアウトドア用品やレジャー用品、4位が家電、5位が衣類だそうです。
※このデータは、「ホームズ トランクルーム」のインターネット調査より引用しています。

 

また、ダンボールの個数では4〜5個、次いで6〜10個が多いそうです。
※このデータは、「リサーチ リサーチ」のインターネット調査より引用しております。

 

キュラーズのトランンクルームも利用者の様々なニーズに対応すべく、豊富なサイズのトランンクルームを揃えています。
ロッカータイプの小さい目なタイプのトランンクルームから、リフォームや引越しの際の一時保管として利用できる8畳のタイプまで幅広いラインナップがあります。
保管したい品物の量に合わせてサイズを選べるのでコスパ的にもかなり良いです。

 

 

サイズから一目でわかる最適な保管品

キュラーズが提供しているトランンクルームのサイズの種類とそのサイズに合った最適な保管品をご紹介致します。
店舗によって提供しているサイズや料金が違ってきますのでご注意下さい。

保管したい品物 お勧めのサイズ サイズの種類
書籍・アルバム・CD・DVD・趣味のコレクション品など比較的小さめの品物 BOX

Box-1、Box-2、Box-3の3タイプがあり
扉幅0.85×奥行0.5〜0.7×高さ1.0(m)

サーフボード・スキー板・スーツケース・楽器・パソコンなどアウトドア用品 0.4畳 扉幅1×奥行0.7〜1.3×高さ2(m)
0.5畳
0.7畳
0.8畳
衣類・布団・靴・バッグ・季節家電・ゴルフバッグ・スポーツ用品など 1.0畳 扉幅1×奥行1.5〜1.9×高さ2(m)
1.3畳
1.6畳
オフィス用品・書類・椅子・パソコン・什器・商品在庫など 2.0畳 扉幅1×奥行2.2〜2.6×高さ2(m)
2.5畳
3.3畳
引っ越し・リフォームの一時保管や冷蔵庫・自転車・ソファー・家具・電化製品・布団など 4.0畳 扉幅1×奥行3〜4.1×高さ2(m)
5.0畳
6.5畳
8.0畳

 

 

トランンクルーム使用上の3つの注意点

トランンクルームのご利用にあたっての注意点を3つご紹介致します。
・預けた荷物を忘れてしまう
・保管が禁止になっている品物がある
・温度や湿度の変化に注意する

 

特に多くの方が保管した品物を忘れてしまっているようです。

 

預けた荷物を忘れてしまう

トランクルームに保管したのはいいのですが、必要になった時トランンクルームに預けたことを忘れていると家中を探し回ることになります。
ずっと覚えておくことは難しいので預けた品物はノートやパソコン、スマホなどのどこかに書き留めておくか、写真で残しておくことをオススメ致します。

 

保管が禁止になっている品物がある

トランンクルーム会社の約款にも書かれていますが保管することを禁止された品物があります。
たとえば現金、貴金属、宝石、各種金券などの貴重品だとか、高級衣類、高級家具などの高級品です。
その他にもいろいろありますので契約前に一度約款や利用規定で保管する品物が禁止されている品物でないかどうかを確認しておくことをオススメ致します。

 

温度や湿度の変化に注意する

温度や湿度の変化で変形や変質してしまう品物はできるだけ保管しない方が良いです。
なぜなら、屋内型トランクルームで空調設備が設置されていても、オフィスや自宅と違って温度や湿度が小まめに調整されていないトランンクルームが多いからです。
特に屋外型トランクルームは外気温度差±3とかというトランクルームもありますので注意が必要なんです。

 

 

キュラーズのより詳しい設備状況や公式サイトへはこちらからどうぞ

 

 

 

page top